FC2ブログ
2021
02.17

2月17日 コロナワクチン接種が始まった

Category: つぶやき
医療従事者4万人への先行投与。
副反応への実験台としての役割も担うので、感謝したい。

これで

「ワクチン、打ったから大丈夫♪」

と遊び回る人たちが増えないことを祈る。


感染を100%防げるわけではないから、
自分は引き続き、感染対策を徹底するよ。

まだしばらくは
不特定多数が集まる場所へは行かない。

スポンサーサイト



2021
02.14

福島・宮城で地震 気象庁の会見に女性

Category: つぶやき
初めて見た。私は。
女性の地震情報企画官による会見。

いいことだ。

森さんのことががあったあとだから
余計に感じる。

女性だって遜色ないのよ。


最初は震度6弱とニュースに出たが、
震度6強に変更された。

夜が明けたら、
いろいろな場所での被害が明らかになる。

コロナへと合わせて
被害地区で対応に当たる方々に
エールを送る。



zoomで参加しませんか!
【みんなで介護の談話会(14)親が初期の<介護や認知症になったときの悩みを介護のプロに相談しよう】

すべての働く女性たちへ。リフレッシュタイムで介護に役立つふろしきの使い方も学べます
仕事を終えてからゆっくり参加してほしいので平日の夜に開催!2021年2月17日(水)21:00-23:00



2021
02.10

吉祥寺で見つけた☆雑貨屋「マジェルカ」のアートプロジェクト

Category: 吉祥寺
どんなイラストが描かれるのかな。楽しみ、楽しみ。

吉祥寺の雑貨店「マジェルカ」がシャッターアートプロジェクト イラスト全面に
吉祥寺経済新聞掲載]

 吉祥寺の中道通りで障がい者が作った雑貨やアート作品のみを扱うセレクトショップ「マジェルカ」(武蔵野市吉祥寺本町3、TEL 0422-27-1623)が現在、店のシャッター全面にイラストを描く「シャッターアートプロジェクト」を進めている。雑貨店「マジェルカ」シャッターアートプロジェクトのポスター

 同店が昨年12月に設立した非営利型の一般社団法人「マジェルカ」での活動費用の寄付を呼び掛けるため、「スタートアップ応援の期間限定」で始めた同企画。ホームページから申し込んで5万円以上を寄付すると、障がい者アーティストが自分の写真または希望した人物や動物などを元にキャラクターを作り、マジェルカのスタッフも入れた全員集合のイラストを描くもの。12人が申し込んでいる。

  「ポップで愉快なアート作品」を仕上げるアーティストは、福祉施設「Studio cooca(スタジオ クーカ)」に所属する横溝さやかさん。人や動物をモチーフにした細かく丁寧なイラストが得意で、スポーツ庁の障がい者スポーツ団体支援企業認定ロゴマークに採用された実績を持つ。社長でバイヤーでもある藤本光浩さんは「西荻窪にオープンした2011(平成23)年の時から、紙芝居の上演などをしていた縁で快諾してくれた」と話す。横溝さんが描いた絵は店のシャッター全面にラッピングする。参加者にはイラストを木製フレームに収めて届ける。

 店がコロナの影響を受けて廃業も考えるなか、障がい者施設が作った製品を専門に販売するという「ウェルフェア(福祉)」と「フェアトレード(公正な取引)」を合わせた造語の「Welfare trade(ウェルフェアトレード)」を9年間続けてきた者として、「まだやるべきことがある」と藤本さんが考え抜き、決断して立ち上げたのが同法人。自分の作った雑貨が「憧れの吉祥寺」の店に並ぶことを励みにする障がい者アーティストたちのためにも、「販売する場所を無くしてはいけない」との思いもあるという。

 吉祥寺の場所と運営を維持するための仕組みとして、個人・法人などのサポーター会員と同店での商品取り扱いを希望する福祉事業所などのパートナー会員を募り、寄付も受け付ける。「自分たちの取り組みに賛同していただけるのかと不安だったが、サポーター会員50人、パートナー会員20社と30人から寄付が集まっている。社会と福祉をつなげてきた活動をアウトプットしていくための基盤作りができた」と藤本さん。

 同法人では「今までの株式会社組織では余裕がなくて手を付けられなかった」福祉作業所へ販売支援などのアドバイスなども行う。社会と福祉の両方に9年間積み上げてきた「ウェルフェアトレード」の価値ある情報を発信していくという。

 藤本さんは「これからはイラストが描かれたシャッターを開け閉めする度に、マジェルカはひとりじゃないんだ、支えてくれる人たちと一緒にいるということを実感できる。一般社団法人としても下手な活動はできない」と身を引き締める。「シャッターアートは吉祥寺の街を元気にするものになる。マジェルカの活動を応援して、シャッターを埋め尽くす仲間に加わっていただければ」と参加を呼び掛ける。

 申し込みはホームページで受け付けている。2月15日まで。



zoomで参加しませんか!
【みんなで介護の談話会(14)親が初期の介護や認知症になったときの悩みを介護のプロに相談しよう】

すべての働く女性たちへ。リフレッシュタイムで介護に役立つふろしきの使い方も学べます
仕事を終えてからゆっくり参加してほしいので平日の夜に開催!2021年2月17日(水)21:00-23:00





2021
02.07

吉祥寺で見つけた☆絵本と雑貨の店「あぷりこっとつりー」

Category: 吉祥寺
店主は60歳で早期退職したというから、同じくらいの歳かな。
悠々自適のセカンドライフ。人生、こうありたいね。

吉祥寺・中道通りに絵本と雑貨の店「あぷりこっとつりー」 裏原から移転
吉祥寺経済新聞掲載]

 吉祥寺通りの中道通りに2月4日、日本と外国の絵本と旅で見つけた雑貨を販売する「あぷりこっとつりー」(武蔵野市吉祥寺本町4、TEL 0422-27-6407)が裏原宿(渋谷区)から移転してリニューアルオープンする。
DSC_0048_a.jpg
 店主の藤原優さんが医療周辺関係の仕事を続けながら、2013(平成)年6月に土曜・日曜営業でオープンした当店。親族が住んでいる一軒家の空いていた2階で始めたが、藤原さん所有となった家が老朽化のため、近隣住民から土地を譲ってほしいとの申し出に応じて売却を決めた。コロナ禍では「裏原から人影が全く消え、観光客がいなくなって、来店客数がほぼゼロに落ち込み店を続ける張り合いを失った」が、移転して続ける道を選んだという。

 裏原宿への来店客は、「近くにギャラリーがあったので、美術を学ぶ学生さんやイラストレーター、南アフリカやチリから来た外国人、ひとりで来て話していく60代のおじさんたちがいた」と藤原さん。店に合う移転先を探して自由が丘や鎌倉を見て回るなか、三鷹の高校に通っていた妻の峰子さんの勧めで吉祥寺を訪ね、中道通り商店街を歩いたところ「一目ぼれ」。ダメ元で地元の不動産屋に飛び込んだところ、たまたま今回の物件が空くことを知り、「この商店街に自分の店があったらピッタリ」と即決した。

 店は峰子さんとの共同運営。店内のディスプレーなどを取り仕切る空間プロデューサーを務める峰子さんは「店長2号」。店名は藤原さんが3、4歳のころに過ごした家の裏庭にあったのがアンズの木だったことから付けた。竹下通りで、東郷神社の境内と土手とで地続きの裏庭は「冒険への入り口」だった。「ワンダーランドのワクワク」を大切にしたいと思い名付けたという。

 店舗面積は39平方メートル。絵本は日本のもので新刊約1,200冊、古本約400冊、外国のもので新刊約150冊、古本約150冊を並べる。「話も絵も柔らかくて温かい」という「こんとあき」、愛犬との死別をつづった「最後のおさんぽ」、文章がなく絵だけの本「アライバル」など。ボックス棚を設けた壁には、30回ほど出掛けた海外で買い求めた、主にヨーロッパの生活雑貨と装飾品約200点を展示販売する。「特に多いのはドイツのクリスマスシーズンを彩る木工民芸品と木製玩具」と藤原さん。「吉祥寺は子ども連れの来店もありそう」と、フランクフルトのクリスマスマーケットで売っている木製玩具を新たに仕入れた。

 元々「リタイア後に世間とつながる居場所を用意しておきたかった」という藤原さんは昨年末、勤めを早めにリタイア。峰子さんも3月に定年退職を迎える。「絵本を手に取る心のゆとりがある、平和で穏やかな環境が好きだから」と吉祥寺で再スタートを切る。

 「ここに来たらホッとできると言ってもらえる雰囲気づくりを大事にしていきたい。落ち着いたら椅子を用意するので、絵本を眺めながらゆっくりした時間を過ごしてもらえたら」と来店を呼び掛ける。

営業時間は11時~18時(金曜は14時~)。月曜・火曜定休。



zoomで参加しませんか!
【みんなで介護の談話会(14)親が初期の介護や認知症になったときの悩みを介護のプロに相談しよう】

すべての働く女性たちへ。リフレッシュタイムで介護に役立つふろしきの使い方も学べます
仕事を終えてからゆっくり参加してほしいので平日の夜に開催!2021年2月17日(水)21:00-23:00






2021
02.07

認知症の悩みをプロに相談「みんなで介護の談話会」のご案内

コロナで緊急事態宣言中のため、zoomを使った【オンライン会議】で開催します!

2021年2月17日(水)、働く女性たちが悩んでいる親の介護や認知症のことを気兼ねなく相談すると、戸田市の特別養護老人ホームの女性相談員さんがアドバイスしてくれる談話会を開催します。

テーマは「初期」。
認知症「以前」。同居「以前」。施設「以前」の介護の仕方についてです。

仕事を持っているあなたにぜひ時間を作って参加してほしいから、
あえて平日の夜の時間にしています。kaigo_202102_640_320.jpg

談話会の合間にはリフレッシュタイムを用意。
「介護に役立つふろしきの使い方」の
ミニレッスンがあります。
介護で疲れ切った心をリラックスさせましょう。

介護度や認知の度合いが軽度で、
親が在宅で暮らしているからこそ聞いてみたいってことってありますよね。
老いてきた独居している親の介護。
はじめてだから、何をどうしたらいいのかわからないことだらけ。
ましてや「認知症かもしれない」となったら…。

談話会ですので、こちらからの一方的な「講義」にはなりません。
だから、今、あなたが悩んでいる小さな疑問を話しにきてくれると嬉しいです。

母親と別居している女性で独身。しかも長女の方は特にしんどい。
この先も不安。自分のことだって不安ですよね。
だから介護についての悩みを心を開いて語り合いましょう。

もちろん男性も、これから介護になりそうだという人も歓迎します。
介護する方だけでなく、ヘルパーさんなど介護職に従事している方の参加もOKです。

★開催日
2021年2月17日(水)21:00~23:00
※20:30からzoom設定のため入室できます

■募集人数
10名(最低催行人数は3名)

参加の申し込み
[みんなで介護の談話会(14)介護のプロに相談しよう
~はじめての介護 軽度の認知症に向き合う~]申込フォーム


場所
ご自宅など。

[当日の流れ]
前半
1.介護の現状
2.初期の認知症について
3.公共の相談先の場所等を提供
4.わからないことを.相談員へ質問
5.日常の介護で役立つ簡単なふろしきの使い方
(ふろしきをご用意ください。ハンカチやバンダナでもOKです)
※ほどけない結び方とたくさんの荷物を一度に運べるバッグの作り方をお伝えします。
休憩
後半
6.相談員とのクロストーク
皆さまが聞きたいことや疑問に思うことをお話しください。
相談員が答えられないことは持ち帰って回答します。
→後日レポートでwebに公開

参加費
2,000円(税込)

アドバイザー
首藤和美さん(特別養護老人ホーム「とだ優和の杜」)
ディサービス担当生活相談員

コーディネーター
鈴木佐知子(有限会社 ワーズオン代表)

★☆★☆★☆★
参加の申し込み
[みんなで介護の談話会(14)介護のプロに相談しよう
~はじめての介護 軽度の認知症に向き合う~]申込フォーム


お申し込みいただくと、メールで参加料の振込先をお知らせします。
講話会へは参加料の事前入金が必要となります。
お申し込み後、すみやかにお支払いください。入金の確認が取れた時点でお申込み完了となります。

なお、当日準備の都合上、入金された参加費はいかなる場合も返金に応じられませんことをご了承願います。

お申し込みの締切日
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2月15日(月)23時まで

【ご注意】
締切後や当日参加の申込は直接事務局のメールにご連絡ください!
info★wordz-on.co.jp
(★を@に変更してお送りください)


★お申し込み方法について

個別にご相談に応じます。事務局のワーズオンへお問い合わせください。
http://www.wordz-on.co.jp/contact_us/
※電話でのお問い合わせはお受けしておりません。

フェイスブック
イベントページ[介護のプロに相談 みんなで介護の談話会(14)[ふろしきの使い方付き]2月17日(水)]

働く女性とはじめての介護を語り合う会
談話会に参加した方が介護の情報と継続的につながるページです。
https://www.facebook.com/kaigonodanwakai/

#働く女性 #はじめての介護 #初期の認知証 #介護の談話会
back-to-top